英会話

大阪の英会話レッスンとスカイプ会話

近年、スカイプ英会話が流行しています。でも意外なのは周囲で「あれはダメだね…」という感想が多いこと。少し、スカイプ英会話の正しい(?)使い方を、ここで考えてみたいと思います。
1.教材は、実は危険。
スカイプ英会話を提供する会社の多くが、教材を用意しています。しかし、そればかりを使ってしまうのは、危険だと思います。考えてみて下さい。教材の内容が選択肢問題だったら、レッスン中、講師の問いに「Yes」か「No」など単発の音声を発声していればレッスンは終わってしまいます。
2.教材を使うにしても、自発的に質問ができるようにする。
このため、たとえレッスンで教材を使うのだとしても、自分で積極的に質問を講師に投げかける様にしなければなりません。それこそが英会話なのです。ポイントは、質問が無くても、無理にでも作り出すこと。とにかく、自分の疑問を英文の形にして発することが重要なのです。
3.慣れてきたら自由会話に。
自分の考えを、何とか表現できるように成ったら、思い切って自由会話を講師に提案すべきでしょう。何も無い所から会話を作り上げて行くのは、まさしく実践的な英会話だと言えます。その際、くれぐれも主導権を講師に取られないようにしてください。
スカイプ英会話に限らず、講師主導のレッスンは、勉強に成りにくいです。ぜひ、自分で言いたいことを主張する訓練をして、大阪で英会話レッスンを有意義なものに変えて行って下さい。

new information

大阪のレッスンで習う英会話で大切なこと

大阪で英会話をやってみたいや英語を話せるようになったらなあという声を私の友人や会社の同僚などからよく耳にしますが、実際のところ何をした…

詳細を読む

大阪の英会話レッスンで「慣れろ」

英語をマスターするときに真っ先に思いつくのが「勉強」ですが、この言葉を遣うと、どうしても「机上の勉強」と捉えられがちだと思います。しか…

詳細を読む

大阪の英会話レッスン 「英語」で「会話」!

英会話を「勉強」する、変な日本語ですね。会話は必要があって成立します。ですから何を話したいのかが重要です。例えば、趣味について話したい…

詳細を読む