英会話

大阪の英会話レッスン 「英語」で「会話」!

英会話を「勉強」する、変な日本語ですね。会話は必要があって成立します。ですから何を話したいのかが重要です。例えば、趣味について話したい、生活ができるようになりたい、などです。もちろん仕事で使いたいもありですが、自分の必要とする分野の会話を「英語」でする、という発想が必要で。日本人はとかく、文法や単語にこだわる傾向があります。長年の学校教育の影響なので仕方ありません。
しかし、会話には重要な点として顔の表情や身振りが含まれています。この身振りや顔の表情を身に着けるかどうかが通じる英語での「会話」になります。相手の文化や習慣にも関心を持つ必要があります。ではどうすれば「英会話」ではなく「英語」で「会話」することを身に着けることが出来るのでしょうか。可能であれば数週間でも英語圏に行くことがお勧めです。
「でも話せないからいけない」という声が聞こえてきそうですが、だから行く必要があります「虎穴に入らずんば虎子を得ず」です。でも誰でも行けるわけではありません。映画を吹き替えでなく字幕で見ているだけでも表情や身振り、スラング(ピーが多いですが)が目に耳に入ってきます。最後にJapaneseEnglishに自信を持ちましょう。アフリカやオーストラリア訛りも結構ひどいものです。でも堂々と話しています。それが世界標準です。大阪の英会話レッスンで最も重要にしているのは「英会話」をすることではなく「会話」を「英語」でするという発想です。

new information

大阪のレッスンで習う英会話で大切なこと

大阪で英会話をやってみたいや英語を話せるようになったらなあという声を私の友人や会社の同僚などからよく耳にしますが、実際のところ何をした…

詳細を読む

大阪の英会話レッスンで「慣れろ」

英語をマスターするときに真っ先に思いつくのが「勉強」ですが、この言葉を遣うと、どうしても「机上の勉強」と捉えられがちだと思います。しか…

詳細を読む

大阪の英会話レッスン 「英語」で「会話」!

英会話を「勉強」する、変な日本語ですね。会話は必要があって成立します。ですから何を話したいのかが重要です。例えば、趣味について話したい…

詳細を読む