英会話

大阪の英会話レッスンで「慣れろ」

英語をマスターするときに真っ先に思いつくのが「勉強」ですが、この言葉を遣うと、どうしても「机上の勉強」と捉えられがちだと思います。しかし、机上の勉強も確かに有効なのではありますが、「習うよりも慣れろ」の方が、マスターする上で早道です。例えば、実際に欧米人との会話を経験したことのある人ならばわかると思いますが、実際的な英会話では、いちいち聞いた英語を日本語に訳している時間などはありません。「えーっと」と考えているうちに、次の話題に移ってしまっていることが多いからです。
ところで、「カタコト英語でも結構通用するから大丈夫」と言う人も多いと思います。確かにカタコトかもしれませんが、コミュニケーションはそれなりにでも取れてます。ここで忘れてはならないのが、英語はコミュニケーションのツールであると言うことです。完璧なことに越したことはありませんが、文法などを完璧にするよりも先に、コミュニケーションを「通用させる」ことが大切なのです。大阪の英会話レッスンは、そこを大切にしています。
通用するためには、場数が必要になるでしょう。このためには「経験」が必要です。経験を積めば「慣れて」行きます。ですから机上の学習よりも慣れることです。そのためには、海外に行くことが望ましいのではありますが、身近なところでは、動画投稿サイトの海外の幼児向け映像を見てみるのも良いかもしれません。少なくとも、机上の勉強よりも「耳」が慣れると思います。

new information

大阪のレッスンで習う英会話で大切なこと

大阪で英会話をやってみたいや英語を話せるようになったらなあという声を私の友人や会社の同僚などからよく耳にしますが、実際のところ何をした…

詳細を読む

大阪の英会話レッスンで「慣れろ」

英語をマスターするときに真っ先に思いつくのが「勉強」ですが、この言葉を遣うと、どうしても「机上の勉強」と捉えられがちだと思います。しか…

詳細を読む

大阪の英会話レッスン 「英語」で「会話」!

英会話を「勉強」する、変な日本語ですね。会話は必要があって成立します。ですから何を話したいのかが重要です。例えば、趣味について話したい…

詳細を読む